3泊4日で上海・無錫・蘇州

旅は上海近郊の水郷楓涇(フウケイ)古鎮(古鎮は昔ながらの街並みの意、老街との区別は?)からはじまる。無錫観光では、太湖につながる小さな湖、蠡(レイ)湖とこれを配した蠡園、風光明媚と伝えられる恵山古鎮、蘇州では清代の古典庭園藕(グ)園,日本でも馴染みの寒山寺、そして夕暮れの京杭大運河散策だ。そして上海では定番の外灘のほか、中洋折衷建築様式の石庫門地区を改修したというシャンゼリゼもどきの上海新天地、おまけは上海雑技団の妙技鑑賞と充実の4日間だった。

〈 上海・楓涇(フウケイ〉古鎮 )
〈 無錫・蠡(レイ)湖、蠡園、恵山古鎮 〉
〈 蘇州・藕(グ)園、寒山寺、京杭大運河 〉
〈 上海・外灘、新天地、雑技団 〉